芸能人のなんちゃらかんちゃら~

芸能系全般のニュースを僕の主観で記事にして配信してます!^^

山岡久乃に知られざる養女がいた!旦那はいたの?なぜ養女に遺産を託したのか?

f:id:shu-ta07:20161130003348j:plain

 

こんにちは~

 

 

渡る世間は鬼ばかり」に出演されていた

山岡久乃さん。

 

「日本のお母さん」なんて呼ばれ方もしていたそうです。

 

結婚歴があるので、お子様がいらっしゃると思っていましたが

実はいなく、養女がいたということです。

 

なぜ、なのか調べてみました。

 

 

 


実は既婚歴あり。

俳優の森塚敏さんと結婚しましたが、子供はもうけず1971年には離婚しています。

渡る世間は鬼ばかり」イメージがあるので、子育てをする「お母さん」のイメージが
ありますが、実のお子様はいないのです。


ところが
養子はいます。


姪にあたる泰子さんです。

 

なぜ泰子さんを養女にしたのでしょう。

生き方の問題だったのでしょう。


山岡さんは、最期、胆管がんにより亡くなりました。
72歳の生涯でした。

 

敗戦後の1926年に東京で産まれ、二十歳の1946年に俳優座に入団する。
作品がキリリと締まる芯の強さを感じる演技力で芸能の舞台で
確固たる評価を得ました。

 

演技力などの技術面が優れていたのは間違いないでしょうが
つよい精神力、信念をもっていたはずです。


その山岡さんは、70歳になったころには、

独り身であったことも正面から受け止め、
たとえば

・東京都の住宅を売却
・愛知県の老人ホームで生活しようとと計画


などの行動や準備をされていたそうです。


その一連の死後の周りへの準備として
財産の整理がありました。


もっとも信頼できる人物として
泰子さんに託したということです。

 


渡る世間は鬼ばかり」は、人間の普段の生活や日常的に起こることを
共感をよべる形で表現していったドラマです。
その中心的役者だった山岡さん。

ドラマの顔となるリアルな姿を演じることができたということは
それだけ、人の心や世の中がわかっていたからでしょうね。


人をみぬく山岡さんが、70歳を越えておおきな病気をわずらったときに託したいとおもわれた泰子さん。

そうとうな人物なのでしょうね。


大女優の人となりが垣間見れるエピソードだと思いました。